磁気ストライプ

クレジットカードの種類

クレジットカードには色々な種類があるので、入会をする時にはそれぞれのカードの特徴を把握しておきましょう。
一般的なクレジットカードカードはクラシックカードとも呼ばれています。
この種類のカードを持っている方が一番多いでしょう。

初めてクレジットカードを作る時にも、このタイプのクレジットカードを申し込むことになるでしょう。
それだけ作りやすくて、審査も甘くなっています。
ただし、限度額は低く設定されています。

長期間使い続けることによって、限度額は上がっていきますが、最終的には100万円程度までであることが多いです。
年会費は1万円もかからない程度であり、気軽に持つことができるカードです。
次にゴールドカードがあります。

ゴールドカードはクラシックカードよりもステータスとしては上になります。
ある程度限られた人間しか持つことができません。
具体的にいえば、やはり年収により基準が設けられています。

利用限度額は高めに設定されていて、サービスも充実するようになっています。
空港のラウンジを無料で利用できたり、ホテルなどでサービスを受けることができます。
最近は以前よりも基準が甘くなっている物もあります。

次にプラチナカードがあります。
このカードを持っている方はかなりのステータスの持ち主とみなされます。
レジャー施設を利用したり、旅行をする時などに使うことを想定されています。
したがって、保険やサービスがゴールドカードよりも充実しています。

利用限度額も高い物が多いです。
ただし、年会費も数万円します。
プラチナカードの場合は、カード会社の方から招待されることが普通です。
さらに上のカードとしてはブラックカードがあります。

これが日本では最もステータスの高いクレジットカードなのです。
年会費は数十万円とかなり高くなっています。
利用限度額は一般的には存在しないとされていますが、その時の状況によります。
こちらも招待されることにより、作れるようになります。
各会社のクレジットカードの特徴は、こちらを参考にしてみてください。

このページの先頭へ