磁気ストライプ

クレジットカードショッピング枠とは

クレジットカードにはショッピング枠というものがあります。
これは買い物などに利用できる限度額のことです。
クレジットカードを利用する時はショッピング枠内の金額を使うことができます。

人によってどのぐらいの枠が与えられるのかは異なっています。
その人の信用情報や年収、勤続年数などによって異なります。
カード会社がそれぞれのカード所有者に対してショッピング枠を与えていきます。

カードを長く使っていて、支払いを延滞することもなければ、ショッピング枠は大きくなっていきます。
クレジットカードを持つ一番の理由というのはやはりショッピングに利用することでしょう。
したがって、ショッピング枠はとても大切な存在なのです。

このショッピング枠の限度に達しないようにしながらクレジットカードを利用しましょう。
きちんと支払いをしていけば、ショッピング枠に空きができるので、たとえ限度額に達したとしても、またすぐに利用できるようになります。
ショッピング枠は自分で設定することができるわけではないので不便だと思われる方も多いでしょう。
クレジットカードの限度額についてはこちら。

しかし、そもそもクレジットカードというのは、カード会社が先に代金を支払ってくれるものです。
そして、後からカードの利用者にお金を請求することになります。
したがって、利用者がお金を延滞してしまうことがあれば、カード会社は損をしてしまうことになります。

そのため、カード会社は慎重になってショッピング枠を設定しようとします。
ショッピング枠は最初は低く設定されています。
高い買い物を頻繁にされる方はすぐに上限に達してしまうので、不便に思うことが多いでしょう。

しかし、何度も使っていれば自然とキャッシング枠が高くなるようになります。
基本的にはきちんとカードを使っている方は、使えば使うほど便利にカードを利用することができるようになります。
たくさん利用して、ショッピング枠を広げましょう。
ショッピング枠が広がれば、それだけクレジットカードの使い勝手が良くなります。

このページの先頭へ