磁気ストライプ

小説から生まれたクレジットカード

クレジットカードが誕生したのはアメリカが世界で初めてであり、1950年ごろのことです。
しかし、それ以前にもクレジットカードという存在を考えた方がいました。
それは一体誰なのでしょうか。

その方はクレジットカードが実用化されるようになる60年近くも前からクレジットカードという単語を使っているのです。
そして、現代一般的に使われているようなクレジットカードという存在を予期していたのです。
そのことについて紹介をしましょう。

1887年にアメリカである小説が誕生しました。
それは顧みればという名の小説であり、この小説の中に実はクレジットカードが登場しているのです。
しかし、この小説が誕生したのは1887年であり、当時はもちろんクレジットカードなんて物は存在すらしていませんでした。

この小説の作者であるエドワード・ベラミーはその素晴らしい発想力によって、クレジットカードという物をこの世に誕生させたのです。
小説の中では計11回クレジットカードという語が出てきたようです。
小説の中では2000年を舞台としているのですが、その世界では普通にクレジットカードが使われていたようです。

このように未来を予測するような小説というのは当時は流行していたようですが、その中でもクレジットカードの存在を予測したというのはエドワード・ベラミーの凄さを物語っていることになります。
クレジットカードは現在では当たり前の存在となっていて、誰でもそのような発想を思い浮かべるのは簡単にできます。
しかし、1887年というのは今とは全く異なる時代です。

機械などはほとんど一般的では無かったような時代なのです。
それにも関わらずクレジットカードという物を思いついたのはとてもすごいことです。
しかし、小説の中に出てきてから実際にクレジットカードが誕生したのは1950年代のことであり、小説内の世界よりも早くクレジットカードが実現したことになります。
文化が発展していくスピードというのは、人間の想像力を超えるものなのです。

このページの先頭へ