磁気ストライプ

クレジットカードの信用照会

クレジットカードは信用で成り立っています。
あなたが買い物をする時にクレジットカードを使用するということは、クレジットカード会社が先に代金を支払ってくれるのです。
そして、後日クレジットカード会社があなたにお金を請求することになります。

つまり、あなたはクレジットカード会社からお金を借りていることになります。
あなたが信用できない人物であれば、クレジットカードで代金を支払ったのに、お金を返さない可能性があります。
そのようなことにならないように信用照会が必要となります。

信用照会とは具体的には、クレジットカード加盟店がお客さんからクレジットカードを提示された時に、カード会社に事前承認を行うことです。
これによって、そのクレジットカードを持っている人を信用しても良いのかどうか、クレジットカードを利用する権利を持っているかどうかを確認できることになります。
信用照会をしないと、たとえば期限切れのカードでも使えてしまいますし、偽造したカードや盗難されたカードも使えてしまうことになります。

クレジットカードの不正利用を防ぐため、安心してクレジットカードを所有するためには信用照会はとても重要な役割を果たしてくれるのです。
信用照会では様々な事柄についてチェックをすることになります。
カードが有効な物であるか、カードの限度額を超えていないか、不良加盟店ではないかなどをチェックします。

これらのチェックは機械化されています。
カードに加盟しているお店には信用照会端末が置かれていて、それにより素早く信用照会ができるようになりました。
昔は電話を使って確認をしていたので、かなり時間がかかりましたが、現在ではクレジットカードを使う際にストレスなく利用することができます。

それぞれのクレジットカード会社は異なるシステムを用いて信用照会を行なっています。
また、信用照会にはフロアリミットにより、照会されないこともあります。
一定額以上の利用にだけ信用照会を行う仕組みです。
これはコスト削減のために導入されている場合があります。

このページの先頭へ