磁気ストライプ

クレジットカードの仕組み

クレジットカードを使う時はその仕組みを知らなくても使うことができます。
したがって、ほとんどの方が何も考えずにクレジットカードを利用しているでしょう。
クレジットカードというのは、まずはカード会社からカードを発行してもらう必要があります。

また、小売店などもクレジットカードに加盟している必要があります。
あなたはカード会社に加盟している店舗でのみクレジットカードを使うことができるのです。
あなたがその店舗でカードを使うと、クレジットカード会社があなたの代わりに料金を支払ってくれます。

そして、カード会社があなたにカード代金を請求するというわけです。
このような仕組みでクレジットカードは成り立っています。
加盟店で使用する時は、クレジットカードを提示して、そのカードが有効であるかどうかを確認します。

その時には、特別な機械に通して、コンピュータ上であなたのデータを照会することになります。
これによって、不正使用を防止しているのです。
カード会社が店舗に代金を支払う時は手数料を割り引いた額を支払います。

この手数料というのはカード会社の利益になります。
また、カード所有者に代金を徴収する時は、分割払いやリボ払いであれば、利子を含んだお金を徴収することになります。
これもカード会社の利益となります。

基本的に代金の請求は全て自動的に銀行口座から引き落としされるようになっています。
また、クレジットカードを所有するためには年会費を支払う必要があります。
これらの仕組みによってクレジットカード会社はお金を儲けることができます。

カード加盟店の方は代金を確実に受取ることができるのでこれも利点になります。
特に大きな買い物に関してはクレジットカードのおかげで消費者が気軽に買い物をすることができるので、カード加盟店にもメリットはあるのです。
そして、クレジットカードを持っている方は代金を快適に支払うことができるので、これもメリットとなります。
クレジットカードの仕組みというのは、カード会社やカード加盟店、カード所有者の全てにメリットが存在しているのです。
だからこそ、現在のようにクレジットカードが広まるようになりました。

このページの先頭へ