磁気ストライプ

クレジットカード利用限度額とは

クレジットカードを使うのはとても便利です。
わざわざ現金を用意する必要が無くなり、自動的に銀行の口座から引き落とされるので、料金を支払うのが全く苦にならないです。
そのため、多くの方がクレジットカードを所有していますし、それを普段の買い物や公共料金の支払いなどに活用しています。

しかし、クレジットカードは自由に使えるわけではありません。
利用限度額が決められているからです。
限度額というのは、支払いがまだ終わっていないお金の上限が決まっているということです。
したがって、次々とクレジットカードで買物をしてしまうと、いつかは利用限度額に達してしまいます。

どうして利用限度額があるのかは、あなたがクレジットカードの利用料金を支払えなくなるのを防ぐためです。
カードにはランクがありますが、それぞれ利用限度額が異なっています。

あなたの年収がそれほど大きくないのであれば、それだけ利用限度額も小さな額になります。
年収の低い方に高い利用限度額を設定してしまうと、カード会社が損をしてしまう可能性があるからです。
利用限度額を増やすためには、カードを使って、きちんと料金を支払う必要があります。

あなたが健全にクレジットカードを使っていて、支払いもきちんと期日を守っているのであれば、クレジットカード会社はあなたのことを信用するようになります。
その結果として利用限度額も大きくなっていくでしょう。
利用限度額にすぐ達してしまうようになれば、限度額をカード会社の方から上げてくれることが多いです。

クレジットカードはできるだけ計画的に使用するべきです。
利用限度額を超えない範囲で使うようにしましょう。
クレジットカードで買物をしようとしたのに、限度額に達していて利用できないという状況になるのはとても困ってしまいます。
支払日はいつであるか、現在どれだけ利用限度が残されているのかをチェックするようにしておけば、安心してクレジットカードを使えるでしょう。

このページの先頭へ