磁気ストライプ

クレジットカードの歴史

クレジットカードは現在では知らない方がいない存在になっています。
多くの方が所有をしていて、実際に生活で活用をしているのではないでしょうか。
そんなクレジットカードなのですが、その歴史は一体どうなっているのでしょうか。

クレジットカードの歴史について紹介をしましょう。
クレジットカードが用いられるようになったのはアメリカ国内です。
アメリカがクレジットカード発祥の国となっています。

クレジットカードが誕生したのは1950年代の出来事です。
アメリカに当時あったダイナースクラブという会社が世界で初めてとなるクレジットカードを発行しました。
その時の形態は手帳のような形をしていて、チケット型でした。

財布を忘れたとしても料金を支払うことができるようにするために開発されたものです。
当時は現金で料金を支払えなかったら商品を買うことができませんでした。
しかし、現代でもお金が足りなかったり、財布を忘れるようなことはよくあることです。

そんな時はクレジットカードはとても役に立ちます。
アメリカでクレジットカードが初めて誕生した後、別の会社もクレジットカードの発行を行うようになりました。
日本では1960年に国内では初となるクレジットカードが誕生しました。

そこから他の銀行などでも発行をするようになり、日本でもクレジットカードという存在が定着するようになったのです。
クレジットカードの歴史というのはまだ浅いものです。
私達はクレジットカードというのはとても昔から存在していたもののように感じてしまいますが、戦後に誕生した意外と新しい物なのです。

クレジットカードが歴史の浅さにも関わらず現代のように多くの人が利用をするようになったのは、やはりその便利さを多くの人が理解するようになったからでしょう。
たくさんの方がクレジットカードを活用するようになりました。
今では、クレジットカードがなければとても不便だと感じる方がたくさんいるのではないでしょうか。
これからもクレジットカードは多くの方の役に立つ存在であり続けることでしょう。
そんなクレジットカードを大切にしましょう。

このページの先頭へ