磁気ストライプ

クレジットカードのランクとは

クレジットカードにはランクがあります。
通常は、クラシックカード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードの4つに分けられていることが多いです。
カード会社によっては細かい名称が異なっています。

これらのランクは何が異なるのかというと、ランクが上がるにつれてサービスが良くなります。
カードの利用限度額も高く設定されるようになり、空港のラウンジを無料で使えたり、ロードサービスを呼べたり、保険が付いてくるなどサービスの内容は充実していきます。
それではどうしてランクが設定されているのでしょうか。

基本的にランクは、そのカードの所有者の年収やカード利用歴によって決められます。
プラチナカード以上のカードはカード会社が招待をする形でした得ることができません。
カード会社にとっては、カードをたくさん使ってくれる方が利益を多く得られるのでよい利用者となります。

たくさん使うというのは、回数の問題ではなくて、金額の問題です。
したがって、大きな買い物をクレジットカードでよくやるような方は、カードのランクもどんどん上がっていきます。
上位のランクのカードを持っていると、その方にとってはステータスを表すものとなります。

ブラックカードを持っている方は相当限られた方だけです。
収入があり、社会的な地位も高くて、きちんとクレジットカードの代金を支払っている方が選ばれるのです。
クレジットカードを使うならば、上のランクのカードを持つことを目標としましょう。

とにかくカードを使い続けていれば、だんだんランクを上げることはできます。
ただし、プラチナカードやブラックカードは普段の買い物にしかクレジットカードを使わないという方が持つことは難しいでしょう。
これらのカードはそもそも海外旅行をしたり、車を買うなど大きなお金を支払う方のために存在しているからです。
自分にあったクレジットカードを持つことが大切なことでしょう。
それが最も快適に使えます。

このページの先頭へ