磁気ストライプ

種類によって違うカード番号の桁数

クレジットカードには番号があります。
この番号を用いて決済を行うことなります。
カード番号さえあれば、クレジットカードを利用することができるので、このカード番号はとても大切なものなのです。

クレジットカード番号は通常は16桁であることが多いです。
しかし、カードの中にはこの桁数が異なっている物もあります。
どうして異なるのかというと、カード会社が異なるからなのです。

しかし、ほとんどのカードは16桁なので、あまり気にすることはないでしょう。
16桁のクレジットカードとしては、VISAやマスターJCBなどがあります
世界的にも16桁が標準となっています。

15桁のクレジットカードとしては、アメリカン・エキスプレス・カードなどがあります。
14桁のカードとしては、ダイナースクラブカードがあります。
どの国際ブランドのカードを利用するかによって、クレジットカードの桁数が異なるということは覚えておきましょう。

実際に利用する側が気にする必要はほとんどありません。
ただし、もしもあなたが15桁や14桁のクレジットカードしか持っていないと、インターネットでクレジットカードを利用する時に困った事が起きてしまいます。
インターネットの場合は16桁用の入力欄が用意されていることが多いからです。

16桁に満たない数字を入力してしまっても受け付けてもらえないことが多いです。
この場合は仕方がないのでインターネットによる注文を諦めるしかないです。
これらのルールが統一されるまでにはかなり時間がかかるでしょう。
したがって、クレジットカードを持つ時にはとりあえずは数字が16桁である、VISAやJCBのカードを持っておいた方が良いのです。

これらのカードは普通に利用をしている時に不便さを感じることはほとんどありません。
気をつけて欲しいこととして、カード番号をむやみに他人に教えないようにしましょう。
カード番号さえ分かれば悪用することができるからです。

このページの先頭へ