磁気ストライプ

磁気ストライプのクレジットカード

クレジットカードには色々な種類がありますが、その中の1つが磁気ストライプタイプの物です。
磁気ストライプというのは、磁気を用いてデータを格納することができるものです。
この磁気があることによって、クレジットカードを自由に使うことができるようになるのです。

クレジットカードを使う時には、あなたの情報を照会する必要があったり、暗証番号を入力する必要があるのですが、それらはクレジットカードに含まれている磁気の情報によって成り立っているのです。
磁気ストライプというのはセキュリティを強固にするために開発されたものです。
発祥はアメリカです。

磁気ストライプの磁気というのは非常に協力になっています。
クレジットカードに使われている磁気というのは長期の使用に適しているものであり、余程のことがない限りは問題なくクレジットカードを使用することができるようになっています。
最近ではICを備えているようなクレジットカードも誕生していますが、まだまだ磁気ストライプのクレジットカードが主流となっています。

磁気ストライプのクレジットカードで注意をしておく必要があるのは、テレビやパソコンなどの近くに置かないようにしておくことです。
テレビやパソコンなども磁気を発しているので、その磁気によって、クレジットカードの磁気ストライプがやられてしまう可能性があります。
一度クレジットカードが故障してしまうと、それを取り替えてもらうのに時間がかかってしまうので、非常に面倒くさいことになります。
したがって、できるだけクレジットカードは大切に保管をするようにしましょう。

ただし、余程のことがない限りクレジットカードの磁気が壊れてしまうようなことはありません。
したがって、普通に長期間使い続けることができるようになっています。
しかし、人によっては、頻繁にカードの磁気を駄目にしてしまうようなタイプの人間がいます。
こういう人は体質的に磁気を狂わせてしまうような性質を持っているのかもしれません。
気をつけましょう。
クレジットカードを紛失してしまったときの対応はこちら。

このページの先頭へ