磁気ストライプ

クレジット発祥国アメリカ

クレジットカードは一体どこで誕生したものなのでしょうか。
クレジットカードの発祥国はアメリカです。
それでは、どうしてアメリカでクレジットカードが誕生したのでしょうか。

それはアメリカ国内の事情によります。
1950年代にクレジットカードが誕生しました。
クレジットカード誕生の理由として、アメリカは高額紙幣に対する信用度が低いことがあります。

これがまず1つの理由となっています。
どうして信用度が低いのかというと、偽札が多いからなのです。
偽札が多いために、高額紙幣の受け取りを拒否するようなお店などが多いのです。

それに対処するためにクレジットカードというのは誕生しました。
また、クレジットカードを作ることによって、信用情報を管理しやすくなります。
クレジットカードを持っているというだけで、その人が社会的に信用されている証となります。

このような理由によって、アメリカでは多くの方がクレジットカードを持つようになっているのです。
アメリカでは、日常的な買い物でもクレジットカードを使用する方が多いです。
そのため、クレジットカードを持っている人の割合も日本以上に多くなっています。

日本でも最近になって、やっと普段の買い物でもクレジットカードを使うという方が増えてきました。
しかし、アメリカではそのような状況が数十年前から既に存在していたということなのです。
これからもアメリカはクレジットカードの最先端を行く国となるでしょう。

そして、多くの会社がクレジットカードを発行することでしょう。
アメリカの中で需要が高まったことにより誕生したクレジットカードが、今では世界中に広がっているということは、とてもすごいことです。
国が違っても、生活の中での必要となる物というのはどこも同じであるということなのです。
このような物はクレジットカード以外にもたくさんあります。
これからクレジットカードを使う時には、これはアメリカで生まれた物だということを頭の中に思い浮かべましょう。

このページの先頭へ