磁気ストライプ

ゴールドカード入会の資格

クレジットカードはそれぞれの種類に応じて入会の資格があります。
具体的にどのような資格が設けられているのかは、カード会社によって変わります。
また、時代が変わることによって、入会の資格も変化しています。

昔はゴールドカードhttp://www.budgetinncha.com/goldcard.htmlの入会資格の一般的な基準としては、満30歳以上であり、年収が500万円以上というものでした。
しかし、近年は年齢基準を明記しなくなったカードも増えているようです。
基準を甘くすることによって、ゴードルカードの会員を伸ばそうとしているカード会社が増えているのです。

そもそも、年収500万というのは、30代の男性にとっては平均を少し上回る程度なので、それほど厳しい条件ではありません。
したがって、正社員として働いている方であれば、ある程度勤続年数が長くなり、給料が増えるようになればゴールドカードを作ることができるようになります。
年収の基準も下がっている傾向にあるので、以前よりもゴールドカードを作りやすくなりました。

カード会社はできるだけ多くの年会費を集めたいので、ゴールドカードの会員が増えればそれだけカード会社は儲けることができるようになります。
具体的な資格としては、まずは勤続年数が重要です。
どのくらいの年収であるかよりも、5年以上勤続し続けているかどうかの方が大切なのです。
勤続年数が長いということは、安定して収入を得ているということなので、カードの利用料金をきちんと支払うことができる証明となります。

また、クレジットヒストリーも重要です。
クレジットヒストリーできちんとプラスの評価を受けることができれば、カードの審査は通りやすくなります。
利用可能枠に関しては、あなたの年収やローン残高などに応じて決められます。

場合によっては、これまでのカードの限度枠よりも枠を小さくされてしまうこともあります。
実際に審査を通過することができるかどうかは、審査を受けてみないと分かりません。
ゴールドカードに入会したい方は、とりあえず審査を受けましょう。

このページの先頭へ