磁気ストライプ

ブラックカード入会の資格

ブラックカードに入会するためにはどのような資格が必要なのでしょうか。
まず、誰でも欲しければブラックカードを手に入れられるわけではありません。
ブラックカードはクレジットカード会社が認めた人にだけ与えられます。

したがって、ブラックカードへ入会するために申し込みをすることはできません。
カード会社が招待することによってのみブラックカードに入会できるのです。
このことが、ブラックカードがステータスとなっている理由の1つなのです。

したがって、入会資格に関しては細かい部分ははっきりしていません。
ある程度は想像するしかないのです。
まず、最低限必要な資格としては、プラチナカードを持っていることです。

プラチナカードの所有者の中から招待されることになります。
プラチナカードをある程度利用している必要もあります。
一定の金額をプラチナカードで使っていて、さらにその料金をきちんと支払うことが求められます。

これが最低条件であり、これ以外にも基準となるものが存在しているとされています。
年収に関しては、あくまでも想像となりますが、1000万円以上は必要であるとされています。
日本人の中で年収が1000万円以上の方はかなり少ないでしょう。

普通のサラリーマンとして働いていても、1000万円を超えることはまれです。
したがって、選ばれた人だけがブラックカードを持つことが可能なのです。
テレビで芸能人がブラックカードを使っていることがありますが、あれも年収が高いからこそ入手できたというわけなのです。

また、不動産を所有しているなど、その人が持っている資産の多さも関係しているのではないかとされています。
最終的にはカード会社の中で審査基準があり、人間が選んでいることなので、一概に入会の資格を説明することは難しいでしょう。
プラチナカードを持っていて、年収が多くて、社会的信用のある方はブラックカードに招待される可能性は高いと考えられるでしょう。
プラチナカードをたくさん使うことも必要です。

このページの先頭へ